『及善かまぼこ店』津波でも消えない“心の火”

及善蒲鉾店1

新店舗の前で微笑む(左)専務:及川善弥さんと(右)社長:及川善祐さん

希望を灯して、再建の決意

南三陸志津川に商店を構えていた及善かまぼこは、明治13年に創業した歴史ある蒲鉾店です。
しかし、3.11の震災でお店と工場、自宅の全てを流失してしました。

震災当時、仙台で催事をしていた6代目である及川善弥(ぜんや)さんは、
不幸中の幸いか、家族と従業員は全員無事だということを知ります。
皆が避難している高台に合流した善弥さんは、
社長である父親と、何も無くなってしまった”跡地”を見ます。
これからのことを思い呆然と立ち尽くす社長に対し、善弥さんは心に思うことがありました。

もともと、蒲鉾屋を継ぐことに心の片隅で疑問を感じていた善弥さんは、
自分には蒲鉾屋の他にも道があるのではないか?と思っていたそうです。
しかし、小田原にある蒲鉾会社での3年間の修行や、
その時に知り合った様々な人に触れ、心から蒲鉾づくりを好きになり、6代目として家業を継ぎました。
「家、流されたけど、心の中の火は消えたわけじゃないから、また蒲鉾屋をやりたいんだ。」
そう社長に伝えて、二人は再建する決意を固めます。
「震災復興はまだまだだけど、心の復興は早かったんですよ。」と当時を振り返ります。

及善蒲鉾店2-1及善蒲鉾店3-1

(左)震災前の及善蒲鉾店             (右)震災後の及善蒲鉾店付近

登米市で再出発 “商売ができる幸せ”

震災から半年経った9月13日に大勢の方々から支援を受け、登米市で営業を再開することができました。
再建活動は、財布と携帯電話しかない状態からのスタートでだったそうです。
地盤沈下や潮の満ち引きの影響で地元である志津川に再建することは難しく、どこに建てるかも問題でした。

色々な人に相談した所、登米市迫町にある空き倉庫を紹介してもらい
そこを新拠点として急ピッチで設備を整えました。
新店舗の規模は以前の3分の2程度の大きさしかありません。
しかし、善弥さんは「また商売できるっていうだけですごく幸せなことです。」
と再開できたことに対する喜びを話してくれました。

及善蒲鉾店4及善蒲鉾店5

(左)登米市迫町の新工場           (右)震災前の従業員の半分くらいは戻ってきてくれました

元気をもらう側から、元気を与える側へ

善弥さんは被災してから様々な人に後押しされ、元気をもらってきました。
その表れとして、看板商品である笹蒲鉾『リアスの秘伝』は、
多くの人に親しまれる存在になっているそうです。
「この商品は1枚200円もするので、以前は全然売れなかったんですよ。(笑)
及善かまぼこを応援してくれている人、それを買って広めたいと思ってくれる人が
買ってくれているのでしょう。」と善弥さんは語ります。
「応援されているだけではなく、これからは、逆に元気を与えてあげるくらいの行動をしていきたい。」
と今の気持ちを打ち明けてくれました。

及善蒲鉾店6及善蒲鉾店7

(左)看板商品『リアスの秘伝』          (右)製造再開できた『かすてらかまぼこ(薄焼き)』

10年後に想いを繋げて

及善蒲鉾店8

感謝の気持ちを語る善弥さん

これからの事業展開についてお聞きしたところ、
「今はみなさんの協力を得て登米市佐沼で再開できたことに感謝しています。
以前の品揃えにはまだまだ及びませんが、商品をみなさんに紹介できるようになりました。
いずれはまた故郷である志津川で事業を再開したいと思っていますが
今は、従業員のみんなと一緒に”ここ”を広めていきたいですね。」
と笑顔で目標を語って頂きました。

震災という絶望を味わいながらも、前向きに、笑顔で事業に取り組む善弥さん。
その想いは、従業員だけでなく新しい土地にも伝わってきています。
“おいしい蒲鉾を作るだけではなく、心に届く想いも創っていきたい”
そんな『及善かまぼこ店』の気持ちが伝わってくるようでした。

最後に善弥さんは言います。
「及善かまぼこに関わってくれた全ての方に、10年後の自分を楽しみにしていてください」

編集後記

震災前とは製造状況がまったく違う中、前向きに商売に勤しむ善弥さんと、工場内でイキイキと働く従業員の方に私も元気を頂くことができました。看板商品である『リアスの秘伝』を早速購入し、食べてみました。すごく厚くてぷりぷりとした食感は、大人から子供まで満足できる味だと思います。及善さんでは子供でも食べれるようにと通常よりも小さい笹蒲鉾『ミニ笹かまぼこ』も売っています。ニーズに応える商品開発、その善弥さんの意気込みはきっと登米の地域にも浸透していくことでしょう。10年後の及善かまぼこ店がどうなっているのか、これからどうなっていくのかがとても楽しみです。

(仙國祐介)

店舗情報

店舗名 登米工場店
住所 宮城県登米市迫町佐沼字西舘下77-1
電話番号 TEL 0220-44-4687 FAX 0220-44-4689
営業時間 午前9時~午後5時30分
定休日 水曜日
URL 及善かまぼこ店
MAP

この記事に関連している記事

    None Found
関連する記事
    None Found
新着記事